1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 20:42:41.479 ID:B2VdPubH0
光彦「>>5に会いに行きましょう!」

※コナンのキャラ以外は安価下


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7882176582200843"
data-ad-slot="2483043414">


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 20:43:21.092 ID:/jvaPilV0
ジン

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 20:46:15.213 ID:B2VdPubH0
光彦「ジンに会いに行きましょう!」

光彦「黒の組織には綺麗なお姉さんとか居そうですしね、ぐへへへへ」ギンギン

光彦「僕のハニーを、ジンに紹介してもらいます!」





コナン「光彦の死体が発見されただと!?」

高木「そうなんだ。発見現場は>>10で死因は>>14

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 20:46:50.855 ID:Xhlu2mogd
女子トイレ

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 20:47:37.070 ID:okM1arg+0
アルティメットテクノブレイク

17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 20:49:49.062 ID:B2VdPubH0
高木「発見現場は女子トイレで、死因はアルティメットテクノブレイクらしい」

コナン「なんてこった!」

>>20「今朝、公園を散歩していたら、光彦君がアヘ顔ダブルピースを決め込んで倒れていたんです」

高木「第一発見者の>>20だよ」

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 20:51:29.544 ID:UuW6S0j1r
高木

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 20:56:23.393 ID:B2VdPubH0
高木「今朝、ジョギングコースで僕が発見したんだ」

コナン「どうして女子トイレに入ったの?」

高木「・・・」

コナン「発見時、周りに怪しい人は見なかった?」

高木「うーん…とくにいなかったような、あっ!」

コナン「高木刑事?」

高木「そういえば、現場に奇妙なものが落ちてたんだ。>>28なんだけど」

コナン「!?」

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 20:57:44.135 ID:Lu0CH+EMd
未使用ゴム

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 21:01:06.862 ID:B2VdPubH0
コナン「未使用ゴム!?」

目暮「おーい、高木くん!聞き込みは他の者に任せて、君は署で戻ってくれ」

高木「わかりました」

コナン「あっ!ちょっと待ってよ!」

高木「なんだい?」

コナン「どうして高木刑事は、女子トイレに入ったの?」

高木「>>34

34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 21:02:54.107 ID:EeNwixjB0
黙れ小僧

36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 21:05:31.256 ID:B2VdPubH0
高木「黙れ小僧」

コナン「!?」

・・・

コナン「高木刑事のことは気になるが、取り敢えず俺は昨日の光彦の足取りを調べよう」

コナン「いったい何で、ただの小学生の光彦が・・・ちくしょう!」

コナン「絶対に、絶対に犯人を暴き出してやる!」メガネキラッ

コナン「・・・まずは、>>39に話を聞くか」

38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 21:08:13.301 ID:EiHEDkqx0
歩美ちゃん

41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 21:12:27.791 ID:B2VdPubH0
灰原「光彦くんが殺されたですって!?」

コナン「そうなんだ。公園で歪んだ顔をして死んでいたよ」

灰原「そんな・・・」

コナン「灰原。昨日、お前ら少年探偵団は下校後、博士の家にゲームをしに行ったよな」

コナン「俺は事務所に帰ったからわからないんだが、光彦はどんな様子だったんだ?」

灰原「そうね。>>44だったかしら」

44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 21:14:38.976 ID:8XLEi0qU0
変わった様子はな

45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 21:18:56.595 ID:B2VdPubH0
灰原「変わった様子は無かったかしら」

コナン「そうか・・・」

灰原「夜6時頃、吉田さんや小嶋くんと一緒に帰って行ったわよ」

コナン「わかった。ありがとう!」ダッ

博士「・・・」


小嶋「うな重」

歩美「ヒック・・・ヒック・・・」

コナン「なあ、光彦は家に帰る途中、何か言ってなかったか?」

歩美「・・・そういえば、>>>>48って言ってたよ」グスンッ

48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 21:21:03.233 ID:fZiuxYlBd
SEXしない?

49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 21:27:00.243 ID:B2VdPubH0
歩美「せっくす?しないかって」

コナン「!!??」ビクッ

コナン「そ、それで?」

歩美「よくわからないけど、とにかく興奮している様子だったよ」

歩美「怖かったけど、元太くんが何か光彦くんと口論したら、舌打ちして光彦君一人で帰って行ったんだ」

元太「コナン」ボソッ

コナン「・・・なんだ?」

元太「光彦は、いつも歩美や灰原を嫌らしい目で見てたけど、昨日は異常だったんだぜ」ボソボソ

元太「まるでドブネズミのように細い目をして、歩美に欲情していたから、俺が追っ払ったんだ」

コナン「そうか・・・」

52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 21:32:41.322 ID:B2VdPubH0
コナン「(光彦は昨夜、異常に欲情していた)」

コナン「(その後の足取りはわからないが、光彦の性欲が事件を引き起こすきっかけとなった可能性が高い)」

プルル・・・プルル・・・

コナン「なんだ博士か?」

博士「新一。さっきは黙ってたんじゃが、実は光彦くんは昨日、「ジン」と呟いていたんじゃよ」

コナン「何だって!?」

博士「詳しいことはわからんが、もしかしたら黒の組織と関係があったのかもしれん」

コナン「そうか、わかった」ガチャッ

コナン「(光彦の性欲、未使用ゴム、黒の組織・・・)」

コナン「(まだまだ事件を解くピースが足りていない)」

53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 21:37:59.227 ID:B2VdPubH0
コナン「お願い佐藤刑事!事件のことを話してよ!」

佐藤「そうね、コナンくんにはいつもお世話になってるし・・・」

コナン「お願い!光彦を殺した犯人を見つけたいんだ!」

佐藤「光彦くんの死亡推定時刻は、昨夜の23時頃だったんだけど」

佐藤「聞き込みの結果、その頃の現場付近で、>>55>>57>>59の姿が目撃されていたのよ」

55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 21:39:41.719 ID:G6QJ73340
あの方

57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 21:40:19.289 ID:fZiuxYlBd
元太

59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 21:40:39.164 ID:4WAtTvtrM
コナン

61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 21:47:15.564 ID:B2VdPubH0
佐藤「あの方、元太くん、コナンくんよ」

コナン「!?」

佐藤「あの方というのは、ボイスチェンジャーで声を変えた男から非通知の電話があって」

佐藤「「あの方を昨夜公園で見た」という証言があったの」

佐藤「現在、その姿形や所在はわかっていないわ」

コナン「(あの方・・・?)」

佐藤「コナンくん、昨夜あなたが元太くんと例の公園で会っていたという証言があるわ」

コナン「だ、誰がそう言ってるの?」

佐藤「>>64の証言よ」

64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 21:49:05.416 ID:fZiuxYlBd
高木

66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 21:54:21.133 ID:B2VdPubH0
佐藤「高木くんの証言よ」

コナン「ちょ、ちょっと待ってよ!僕は昨夜公園に行ったりは・・・」

佐藤「そんなはずないわ。現職の刑事が見たと行っているのよ」

コナン「・・・」

ガラッ

千葉「佐藤刑事!」

佐藤「あら千葉くん。何かわかったの?」

千葉「それが、例のトイレから少し離れた草むらで、>>68が発見されました!」

68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 21:55:27.745 ID:fZiuxYlBd
高木の死体

71: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 21:59:51.849 ID:xn5Ck/jE0
これは迷宮入り

73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 22:04:17.000 ID:B2VdPubH0
千葉「高木です!高木刑事の死体が発見されたんです!」

佐藤「な、何を言ってるの!?彼は今、この署に・・・って!コナン君!?」

コナン「(高木刑事・・・!)」

~公園~

コナン「トメさん!高木刑事が殺されたって本当!?」

トメ「・・・残念ながら」

コナン「(そんな馬鹿な!)」

トメ「あ、コナンくん!死体に触っちゃ駄目だ!」

コナン「・・・えっ!?」

74: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 22:07:24.157 ID:B2VdPubH0
コナン「これは・・・」ビラッ

トメ「!?」

コナン「・・・マスクだよ。顔を変えていたんだ」ビリリッ

トメ「な、なんだ・・・そうだったのか」

コナン「(この顔・・・見覚えがあるぞ)」

コナン「・・・」モミモミ

コナン「(この溢れんばかりの芸術的脂肪の塊・・・間違いない)」

コナン「(ベルモットだ!)」

76: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 22:11:44.531 ID:B2VdPubH0
ファンファン

コナン「(ベルモットは、高木刑事の姿をして昨夜、この公園で殺されたんだ)」

コナン「(黒の組織・・・これで今回の事件が奴らと関わっていることは間違いない)」

コナン「(そしてホンモノの高木刑事の不可解な発言、あと少し・・・あと一つで事件が)」

コナン「!」

コナンが草むらで発見したもの>>79

79: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 22:16:24.253 ID:vhjQp0Isd
あゆみのハメ取り写真

83: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 22:21:59.719 ID:B2VdPubH0
コナン「あ・・・歩美のハメ取り写真だ」

写真には歩美ちゃんが全裸で男たちに乱暴されている惨劇の様子が映し出されていた
その中にはコナンの見覚えのある男の顔もあり、コナンのインスピレーションが最大限まで働き始めていた

コナン「(そうか・・・そうだったのか)」シコシコ

コナン「(今、すべてのピースが一つにつながった)」シコシコシコシコ

コナン「(間違いない、犯人はあいつだ!)」ドピュッ

87: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 22:29:03.006 ID:B2VdPubH0
目暮「犯人が解ったっていうのは本当かね、毛利君!」

小五郎(コナン)「コナンから事件の一部始終を聞き、推理しました」

小五郎(コナン)「先程、高木刑事の変装をした女性の死体が発見されたということで、全ての真相が解けたのです」

目暮「儂には全くわからんが」

今、毛利探偵事務所には俺、蘭、おっちゃん、目暮警部、高木刑事、佐藤刑事、少年探偵団がいる。

小五郎「お話しましょう。事件の真相を」

89: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 22:33:24.642 ID:B2VdPubH0
高木「ちょっと待ってください。その前に僕の推理を聞いてくれますか?」

目暮「高木?」

高木「僕は昨夜、現場でコナンくん、元太くんが会っているのを見たんです」

元太「ちょっ、ちょっと待てよ!」

目暮「それで?」

高木「僕が思うに、今回の事件は少年探偵団の間で起きた縺れが原因だと思います」

91: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 22:40:29.267 ID:B2VdPubH0
目暮「具体的には?」

高木「光彦くんは、テクノブレイクで死んでいました。聞き込みの結果、性欲が異常に強い子供であったことがわかっています」

高木「コナンくんは、学校でも評判の秀才で女子にモテました。元太くんは、少年探偵団のリーダーということです」

高木「昨夜、光彦くんは、コナンくんと元太くんと会い、何らかの会話をした。二人に対してコンプレックスを抱いていた光彦くんのストレスはピークに達した」

高木「二人と別れた後、光彦くんは女子トイレに侵入し、ストレスをオナニーによって解消しようとした。」

高木「生まれて初めての女子トイレで女の空間に晒されたこともあり、光彦くんはテクノブレイクを引き起こすほどの絶頂に至ったというわけです」

小五郎「それは違いますなぁ」

95: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 22:47:12.576 ID:B2VdPubH0
高木「!」

小五郎「おいコナン、昨夜、公園で何があったんだ?話してくれるよな?」

コナン「・・・うん」

元太「おいコナン!」

コナン「しょうがねえよ元太。これを隠していたんじゃ事件は真相に辿り着かねえんだ」

元太「で、でもよぉ」

目暮「どういうことなんだ?」

コナン「俺と元太は、昨夜公園でホモセックスをするために会っていたんだよバーロォ///」

97: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 22:51:57.209 ID:B2VdPubH0
元太「///」

灰原「なっ」

コナン「俺たちは同性同士、それも公然の場で性行為をすることが好きだったんだ」

コナン「昨夜、俺たちはいつものように密会していた。事件とは何の関係もないよ」

目暮「それでは、たまたま事件当時、公園にいたというのかね?」

元太「そうだよ」

コナン「俺たちは光彦に会ったわけではないし、光彦が死んでた理由は本当にわからねーんだ」

高木「そ、そんな偶然あるわけないでしょう!二人で口裏を合わせているんだ」

小五郎「・・・高木刑事、少し聞きたいことがあるんですが」

99: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 22:57:02.023 ID:B2VdPubH0
小五郎「ところで、事件の第一発見者はあなただった、昨夜、公園でコナンたちを目撃しているのもあなただ」

高木「それが何か?」

小五郎「私には、意図的に公園に向かったように見えるんですがねえ。あくまで偶然だと?」

高木「ええ。僕の家はあの公園の近くですからね」

小五郎「そうですか」

佐藤「毛利さん?高木君を疑っているんですか?」

100: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 23:03:23.660 ID:B2VdPubH0
小五郎「そういえば、女子トイレの個室で死んでいた光彦くんを、なぜあなたが発見したんですか?」

高木「そ、それは」

目暮「それに関しては、高木くんは今朝、二日酔いで気分が悪かった」

目暮「ジョギング中に、吐き気を促し、急いで駆け付けて入った先が女子トイレだったといっている」

小五郎「二日酔い・・・ですか。もしかして昨夜、強いアルコールでも飲んだんですかねえ」

高木「それがどうしたというんですか!?僕が勤務時間外で酒を飲もうと、関係ないでしょう!?」

101: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 23:09:03.805 ID:B2VdPubH0
小五郎「話を第二の事件に写しますが、被害者の身元はわかりましたか?」

目暮「それが全く。司法解剖の結果、以外に年を取った外国人女性だとわかったぐらいで」

蘭「・・・」

コナン「(おい灰原、ちゃんと証言してくれよ)」

灰原「(・・・わかってるわよ。それがあなたの考えなら)」

小五郎「今回の事件には、巨大な闇の組織が関与しています」

目暮「闇組織?暴力団のことか?」

103: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 23:16:05.733 ID:B2VdPubH0
コナン「ごめんな、蘭・・・」

蘭「コナンくん?」

コナン「実は俺の正体は、工藤新一なんだ」

灰原「・・・」



俺は、工藤新一が江戸川コナンになったいきさつから、黒の組織に関して知っていることを話し始めた。

黒の組織が、成人が幼児化する薬を作っていること、その製薬に関わっていたのが、灰原であること。

最初は誰も信じていなかったが、灰原にもらった解毒剤によって俺が工藤新一に戻ることによって、ある程度納得してもらえた様子だった。

蘭「し、信じられない・・・」

目暮「つまり、その黒の組織が、今回の事件に関係していると?」

新一「そういうことです」

104: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 23:20:30.007 ID:B2VdPubH0
佐藤「根拠は何なの?」

新一「第二の事件の被害者です。彼女は通称ベルモット、組織の一員なんですよ」

灰原「間違いないわ」

新一「そして事件現場で、ある写真を発見しました、それが・・・」

灰原「ちょっと待ちなさい。その前に」

新一「ああ、そうだったな。元太、歩美、お前たちは家に帰ってくれるか?」

歩美「コナンくん・・・」

106: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 23:24:08.188 ID:B2VdPubH0
新一「今まで騙していて悪かった。俺は小学生じゃなければコナンでもないんだ」

新一「そしてここからは大人の世界だ。光彦を殺した犯人は必ず俺が暴いて見せる」

新一「申し訳ないが、俺に任せてくれ」

元太「ちょっと待てよ!俺だって事件の真相知りてえよ!」

歩美「歩美も・・・」

新一「いや駄目だ、帰れ」

元太「コナン!」

新一「帰れ!!!!!!」ドンッ

歩美「コナンくん」ポロポロポロポロ

108: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 23:30:08.511 ID:B2VdPubH0
バタンッ

新一「さて、ベルモットの死体の付近で発見された写真が、これです」ピラッ

目暮「こ、これは」

新一「歩美ちゃんが輪姦される様子が映っています」

蘭「ひ、酷すぎる・・・」

新一「そして僕は、写真に映っているこの男に見覚えがあります」

新一「ウォッカ・・・黒の組織の一員です」

新一「状況から見て、ベルモットが所持していたものに間違いないでしょう」

新一「ベルモットは昨夜、写真を持って誰かに会っていたんだ」

110: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 23:38:20.537 ID:B2VdPubH0
新一「事件を解くカギは、黒の組織の目的にあります」

新一「灰原、黒の組織に関して、知っていることを話してくれ」

灰原「・・・ええ」

灰原「黒の組織のボス、あの方の目的は・・・富を集め、秘薬や兵器を作り出し、日本という国家を裏から支配することだといっていました」

目暮「言っていた・・・?」

灰原「実際は違っていたんだわ」

新一「黒の組織の本当の目的は、ボスの異常なまでの幼児性愛を満たすことだったんですよ」

高木「!?」

113: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 23:45:16.719 ID:B2VdPubH0
灰原「私は普段から薬の実験をしていたのだけど、ある日被験者として送り込まれてきた女性が、興味深い証言をしたの」

灰原「「あなたの仲間にレイプされた」って・・・」

灰原「組織は、薬の実験に必要な人材の確保という任務を忠実に遂行するはず。レイプなんて到底信じられなかった」

灰原「しかし、証言が重なるにつれて、私は組織に対して疑問を抱くようになった」

灰原「ある日、私は組織のジンという男を問い正したのよ」

灰原「・・・そうしたら」

115: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 23:51:22.184 ID:B2VdPubH0
~回想~

ジン「お前が知る必要はない」

シェリー「知っていることを話しなさい。でなければ、もう薬は作らないわ」

ジン「・・・」

シェリー「・・・」

プルルルル…

ジン「ウォッカか、俺だが」

ジン「ああ、うん、うん・・・」

ジン「すぐ行く。俺が来るまで膜破るんじゃねえぞ」ニヤニヤ

シェリー「!?」

ガチャッ

シェリー「な、なにニヤニヤしてるのよ・・・気持ちわるっ」

ジン「黙れ」カチャッ

116: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/10(日) 23:58:19.294 ID:B2VdPubH0
ジン「いいか、女ってのはな、男の肉便器なんだよ」

ジン「食欲、睡眠欲・・・。こんなものは誰でも満たせる」

ジン「人間の三大欲求の1つである性欲、これを満たしたい男は世にいくらでもいるのに、社会のルールがそれを許さない」

ジン「1人の女と結婚して家庭を作る・・・?こんなにバカバカしいことはない。女を好きなだけレイプする。これがボスの考えだ」

灰原「な、なんてことを」

ジン「お前もレイプされたくなかったら、組織のための薬を作り続けることだ。」

灰原「・・・」



私は幼児化し、組織を脱走した。

117: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 00:01:19.035 ID:xn9VPx5w0
自ら幼児化していくスタイルかよ

118: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 00:04:53.124 ID:ZZQ0Sewb0
目暮「己の性欲を満たすための犯罪組織・・・」

佐藤「そしてそのボスが、幼児性愛だったと・・・?」

灰原「ボスの直々の命令で、幼児化する薬を研究していたのよ、ジンに内緒でね」

灰原「組織の目的がレイプだと知ったとき、すぐにわかったわ」

灰原「最も、ボスの秘密な命令のおかげで、私はジンの監視を免れることが出来たのだけど」

新一「組織は、ボスの幼児性愛を満たすため、歩美ちゃんを含む何人もの女子を輪姦していたと考えられます」

目暮「・・・」ゴクリッ

新一「もう終わりにしませんか?」

新一「高木刑事!」

119: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 00:06:52.618 ID:ZZQ0Sewb0
灰原「!?」

蘭「!?」

小五郎「・・・」グガーグガー

目暮「・・・!?」

佐藤「た、高木くん!?」

高木「・・・」

コナン「・・・いやっ!」



コナン「光彦!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

121: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 00:11:45.896 ID:ZZQ0Sewb0
高木「何を言っているのかわからない」

コナン「この高木刑事の正体は光彦です。そして彼こそが一連の事件の真犯人だ」

目暮「ちょっ!ちょっと待ってくれ、光彦くんは女子トイレで」

コナン「あれは光彦じゃない。幼児化したジンなんですよ」

目暮「な、何だって!?」

122: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 00:12:40.635 ID:xn9VPx5w0
な、何だってーーー!?

123: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 00:13:20.669 ID:y6dGxVJS0
なんちゅーこっちゃ!

126: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 00:19:30.654 ID:ZZQ0Sewb0
コナン「おそらくジンは、ボスの命令で顔を変えていた。その筋には顔の利くベルモットを通してね」

コナン「あの夜、光彦、ジン、ベルモットの3人は公園で密会した」

コナン「ところでベルモットは、高木刑事の姿で死んでいましたね」

目暮「そういえば」

コナン「彼女は組織の活動のために元々高木刑事として以前から活動していたのでしょう」

コナン「本物の高木刑事は、残念ながら既に・・・」

佐藤「嘘でしょ?高木くん?」ポロポロ

高木「当たり前ですよ!何の根拠があってそんなこと言うんですか!?」

128: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 00:27:01.932 ID:ZZQ0Sewb0
コナン「お前が光彦である根拠はいくつかある。第一に、俺と元太のホモセックスをお前が見つけた点だ」

コナン「俺たちは、公然の場におけるホモセックスの常習犯だ。他人に見つかりそうで見つからない瀬戸際でプレイしてるんだよ」

コナン「都合よく目撃できる理由は一つしかない。あらかじめ俺たちの約束を知っていた、つまり身近な人物と言うことだ」

コナン「俺と元太の周辺で、俺たちの秘密を知っていた人物は、光彦以外に考えられない」

高木「!」

コナン「お前は高木刑事として、事件の原因が俺たち2人にあると仕立て上げようとしたんだろ?」

コナン「そして俺たちが帰宅する時間に合わせて、ジンとベルモットを呼び出した」

灰原「ちょっと待って!それって・・・」

コナン「そうだ。ジンとベルモットを意のままに呼び出せる人物、つまり光彦、お前が組織のボスと言うことだ!」

129: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 00:30:45.636 ID:3MVDYNgL0
急展開

130: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 00:34:57.685 ID:ZZQ0Sewb0
灰原「光彦くんが、組織のボス・・・!?」

コナン「そもそも、ジンを光彦の顔にしたのはボスの命令だろう」

コナン「ボス以外の命令では、あのプライドの高いジンが不細工な光彦の顔に整形するなんて考えられない」

コナン「おそらくジンは、ボスの顔を知らなかった。あの夜、ボスに呼び出されたジンは、さぞかし驚愕したことだろう」

コナン「ジンは、ボス(光彦)と同じ顔になっていたんだからな」

コナン「ジンは、ボスを溺愛していた。喜びのあまり、テクノブレイクを起こしたとしても不思議ではない」

132: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 00:41:06.033 ID:ZZQ0Sewb0
目暮「それでは、光彦、いやジンの死はあくまでも事故だったと?」

コナン「いや、たまたまテクノブレイクで死んだが、本来は光彦自らの手でジンを殺すつもりだったんだ」

コナン「光彦の顔のまま死んだジンは、幼児化する薬を飲まされて、幼児化した」

コナン「これで、光彦は死んだと思わせることが出来るわけです」

目暮「犯行の目的は、人物の移り変わり・・・?」

コナン「そうです。光彦は、自分が死に、高木刑事に生まれ変わりたかったんです」

135: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 00:49:47.226 ID:ZZQ0Sewb0
高木「・・・幼稚な憶測だ!」

コナン「そもそも、今朝、あなたの話を聞いた時から不自然だった」

コナン「普段の高木刑事とは、いやベルモットだったのですが、話し方が違う気がしていたんですよ」

コナン「それがあなたが光彦である二つ目の根拠です」

コナン「また、目暮警部の話では、あなたは今朝二日酔いをしていたと漏らしている」

コナン「あなたは、灰原に開発させたアポトキシンを飲んで幼児化し、小学校に潜入したのでしょう?」

コナン「幼児化した目的は、女子小学生の物色ですかね?とにかくあなたは、大人の姿に戻るためにあの夜、アルコールのきつい酒を飲んだんだ」

コナン「二日酔いしていることも裏付けます」

137: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 00:56:07.189 ID:ZZQ0Sewb0
高木「・・・」

コナン「まあ証拠なら、高木刑事の顔をつねりでもすればすぐ出てきますよ」

コナン「光彦本来のブッサイクな顔立ちがね」

コナン「光彦は、一晩でベルモットも殺している。高木刑事に成りすますためには、不要な存在ですからね」

コナン「一晩でジンを殺した後、高木刑事の顔に整形してもらったとは考えられないから、これはベルモット同様にただのマスクだと考えられるんです」

高木「・・・」

コナン「何故なんだ、何故殺した!」

コナン「答えろ、光彦!!!!!!!!!!!!」

138: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 00:58:37.680 ID:ZZQ0Sewb0
高木「・・・参りましたよ、コナンくんには」ビラッ

目暮「!」

佐藤「そ、そんな」

高/木「ビリビリ」

高/光彦/木「ビリビリ」

光彦「そうだ、僕が組織のボスだ」

139: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 01:01:39.954 ID:dECAwqn60
高/光彦/木
演出クソワロwwwwww

140: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 01:08:49.406 ID:ZZQ0Sewb0
光彦「僕は黒の組織を設立し、幼女をレイプし続けるという夢を実現したかったんだ」

光彦「しかし、組織の連中は何もわかっていなかった。奴らは私に黙って成人女性ばかりレイプしていたんだ」

灰原「(そういえば、私に送られてきた女性は、成人ばかりだったわね)」

光彦「組織に愛想を尽かした僕は、光彦として小学校に潜入し、女子小学生の成長を眺め続けてきたよ」

光彦「ところがコナン君のせいで、女子の人気はみんなコナン君に奪われてしまった」

光彦「僕は組織に戻り、再び大人の体に戻り、力ずくで女の子を強姦したかったんだ!」

141: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 01:15:13.596 ID:ZZQ0Sewb0
光彦「まさかコナン君が、組織に因縁のある工藤新一だとは思わなかったけどね」

コナン「博士が、お前が「ジン」と漏らしていたのを聞いているが」

光彦「ジンは、組織の中では女性仲介役の幹部だったんだよ。まずは、アイツから女を貢いでもらおうと思った」

光彦「ところが、アイツは様子がおかしかったんだ。気が狂ってるとしか思わなかったよ。俺を探していたらしい」

光彦「俺は男に興味は無い。ジンを殺すことを決め、小学生の身代わりになってもらうためにベルモットを通して整形を命令したんだ」

コナン「ところが、今度はベルモットがお前に付け込んできた・・・?」

光彦「ああ」

143: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 01:21:51.257 ID:ZZQ0Sewb0
光彦「奴は俺たちの輪姦画像を入手していた」

光彦「ゆすりだと思うだろ?金じゃないんだ。奴は俺を失脚させようと思っていたんだろうな」

灰原「例え組織の人間でも、女性として、あなたみたいなクズのやり方は許せない・・・彼女もきっと」

光彦「聞くところによると、奴は現在刑事として潜伏している。ちょうどいいと思ったんだ」

光彦「刑事の証言として、コナンと元太の密会を証言すれば、憎きコナンへの復讐も果たせるからね」

光彦「俺はベルモットを殺し、高木刑事としてコナンと元太の密会を証言したんだ」

144: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 01:25:51.919 ID:ZZQ0Sewb0
光彦「僕の計画が、まさかここまでとはね・・・」クスッ

目暮「もういい!あとは警察で聞く!」

ガラッ

千葉「おっと動くなよ、機関銃だ」ガチャッ

佐藤「千葉くん!?」

光彦「・・・ウォッカ!」ニヤリ

コナン「何!?」

146: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 01:32:13.571 ID:ZZQ0Sewb0
ウォッカ(千葉)「ボス!迎えに来ましたぜ!」

光彦「ふふふ、残念でしたねコナン君」

コナン「・・・」

蘭「・・・!」グッ

ウォッカ「動くな!」ドンドンドンドン

蘭「!」

目暮「や、やめろ」

光彦「機関銃に空手は通じませんよ?そうですねぇ、蘭さん、人質になってもらいましょうか」

コナン「な、何だって?」

光彦「僕たちが安全な場所に逃げるまでの大事な人質です。付いてきてもらいましょう。ウォッカ!」

ウォッカ「ヘイ!」

147: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 01:37:45.525 ID:ZZQ0Sewb0
~車中~

ウォッカ「どうやら、警察は追ってきませんぜ!ボス!」

光彦「このまま国外に飛びますか」

蘭「・・・」

光彦「おっと、その前に、人質を処分しないと行けませんねえ」

ウォッカ「ボス!」ニヤッ

光彦「蘭さんが死ねば、コナン君は一番苦しみますからね。シェリーを差し置いて、彼女を人質に選んだのはそのためですよ」

蘭「・・・愚かな人ね」ビリッ

光彦「・・・えっ!?」

ベルモット「ハロー」

148: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 01:41:42.379 ID:ZZQ0Sewb0
目暮「ところで、コナン君や元太君のほかに、あの方を見かけたという匿名の目撃証言があっただろ」

佐藤「ええ」

コナン「あれは僕たちに、組織の関与を仄めかすための電話だったんだろうね」

目暮「いったい誰が」

コナン「組織の内部にいて、組織に反抗心のある人間の、だよ」

終わり

151: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 01:46:46.152 ID:ZZQ0Sewb0
しまった未使用ゴム回収してねぇじゃん
やっちまった

152: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/11(月) 01:48:01.560 ID:N1fdqpSy0

アダルトグッズ 期間限定無料!!

コメント

コメント一覧

    • 1. んほおお
    • 2016年07月20日 21:45
    • ワロタ 
    • 2. あ
    • 2016年07月22日 17:12
    • いつの間に新一がコナンに戻った
    • 3. 阿笠
    • 2016年07月23日 20:52
    • 阿笠「いつ、どこで、誰と、誰が、何をして、どうなったゲームをするぞい!」
    • 4. んほおお
    • 2016年08月13日 20:09
    • 最近、アップが少なく心配です
      無理はなさらないでくださいね
      応援しています
    • 5. なおき
    • 2016年10月10日 14:57
    • これからコナンのマジキチSSはバーローまたはバーローSSと呼ぼうぜw

      コメントする時は例えば「また今回もバーローだったなw」みたいな感じでw
    • 6. 名無し
    • 2016年10月11日 03:00
    • もう……終わりか……
    • 7. 名無し
    • 2016年11月15日 06:12
    • 管理人に対して文句言いまくりだったけどいざ更新が途絶えると寂しい
      てかコナンのss自体が減ってきてるのもすごーく寂しいんだよなぁ
    • 8. そら
    • 2016年12月18日 09:29
    • ひなもかなしいお
    • 9. 陰毛生え際仙人
    • 2016年12月19日 12:56
    • お疲れ様でした
    • 10. 名無し
    • 2016年12月21日 10:01
    • 5
      もうコナンのssは無いんやで…。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット