2014年10月

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2014/10/13(月) 09:30:53.92 ID:ufCcCxPi0
    阿笠「普通とはなんじゃ、この阿笠式ランニングマシーンはのう、トレーニングからダイエットまで何でもできるんじゃぞい!」

    コナン「いやそれが普通なんだよ」

    阿笠「言葉だけでは確かにそうじゃな、ならやってみるといいぞい」

    コナン「めんどくせえな…どれどれ…レベルを選べるのか」

    阿笠「そうじゃよ、まずは1からやるべきじゃのう」

    コナン「どれどれ…」ポチッ、ウィィィィィィン

    コナン「速度はいたって普通だな、これじゃ少し物足りないぜ色んな意味で」

    阿笠「なら後ろを見るといいぞい」

    コナン「後ろ?うわっ!なんで燃えてるんだ!」

    阿笠「このマシーンはのう、どんなデブでもしっかり運動できるように一定速度以下で走ると炎に飲み込まれたりするようになってるんじゃ」

    阿笠「これならデブでもしっかり運動できるし逆にトレーニングでもかなり生かせるぞい!」

    コナン「こいつは確かにいいな!」

    阿笠「そうじゃろ?レベル1なら炎じゃがほかにも毒蛇や猛獣、硫酸などなど色んなものがあるぞい!」

    コナン「すげえ!早速みんなを呼ぼうぜ!」

    【【マジキチ】阿笠「体育の日じゃしランニングマシーンを作ったぞい」コナン「うわ普通」】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2014/10/04(土) 22:34:56.30 ID:9im/45/j0
    コナン「どうせまた光彦が犠牲なんだろ?」

    阿笠「今度は光彦に縁も所縁もないのじゃ」

    コナン「じゃあ使っていいよな、じゃーなー博士」

    阿笠「くれぐれも悪用するんじゃあないぞ」

    【【マジキチ】阿笠「出来たぞ新一、巨大な犬に頭を噛みちぎられるスイッチじゃ」】の続きを読む

    このページのトップヘ